お知らせ(HOME) > センター概要
お知らせ
センター概要
瀬戸内圏研究用 文献?論文?総説?資料等
センター研究報告書(講演記録等)
センター研究報告書(成果報告等)
庵治マリンステーション
データマネジメントステーション
お問い合せ
リンク
センター概要

センター長挨拶

 本センターは平成21年3月1日に設立されました。
 設立以来、瀬戸内海の低次生物生産環境研究、地域文化と観光資源の開発研究、かがわ遠隔医療ネットワークの充実と電子生涯健康カルテや電子母子健康手帳の実現に向けたプロジェクト研究を推進し、着実に成果をあげて参りました。
 当センターの研究成果や活動状況はホームページにおいて報告しております。当センターは瀬戸内圏地域に根差した研究を進め、貢献して参ります。皆様の温かいご支援をよろしくお願い申し上げます。

 香川大学瀬戸内圏研究センター長
 多 田 邦 尚
多田邦尚センター長

元ゼネラルマネージャー 挨拶

本城凡夫ゼネラルマネージャー
 香川大学は平成21年3月1日に「瀬戸内圏研究センター」を設置しました。
 香川県におけるノリ生産の回復を含む増養殖環境の造成のほか、浅海域における生産過程の解明、住んで良し観て良しの地域文化と観光資源の開発、かがわ遠隔医療ネットワークの充実と電子生涯健康カルテや親子手帳の実現に向けたプロジェクト研究等を積極的に推進して参ります。
 また、このホームページで研究成果や業務の進捗状況を逐次報告いたします。皆様の温かいご支援をよろしくお願い申し上げます。
 香川大学瀬戸内圏研究センターゼネラルマネージャー
 本 城 凡 夫

目的

 瀬戸内圏の諸課題を解決するべく調査?研究を行いその成果を地域社会に還元させるとともに、地域の活性化を図り、地域の財産である瀬戸内圏が育んできたその風土や豊かな環境を保全?継承させることを目的とします。

主な業務

1.瀬戸内圏研究の推進に関すること
(1)瀬戸内圏研究プロジェクトの推進
  ?採択研究課題の推進支援?進捗状況管理
  ?新たな研究課題の発掘
(2)行政、企業、地域住民等の意見を反映させる施策の検討
  ?定期的な協議の場の設定
  ?意見の収集方法の検討
(3)行政、企業等との地域連携による受託研究や共同研究の推進
(4)調査研究成果に基いた行政機関に対する政策提言
2.瀬戸内圏研究に関する情報の収集及び発信に関すること
(1)データベースの作成
(2)ホームページ等による情報の発信
3.瀬戸内圏研究に関する研究成果の公開に関すること
(1)シンポジウムの企画?開催
(2)成果報告書の作成及び公表
4.その他センターの目的を達成するために必要な業務に関すること
(1)庵治マリンステーションの運営
 ?施設の管理?運営
 ?カラヌスⅢの管理?効率的な運用

組織図

組織図

スタッフ紹介

センター長多 田 邦 尚
副センター長一 見 和 彦
特任教授原   量 宏
コーディネーター上 野 哲 夫
客員教授竹 内 康 人
客員教授大 西 美 智 恵
客員研究員本 城 凡 夫
技術職員岸 本 浩 二
庵治マリンステーション
施設長一 見 和 彦
データ?マネジメント?ステーション(DMS)
技術補佐員築 田 裕 子
センター会議委員  
経済学部原   直 行
学術部(学術部長)川 端 義 則
研究員  
法学部三 野   靖
広島修道大学金   徳 謙
香川大学名誉教授稲 田 道 彦
医学部佐 々 木 睦 子
九州大学東 江   栄
農学部松 本 由 樹
農学部山 口 一 岩
創造工学部末 永 慶 寛
創造工学部石 塚 正 秀
医学部横 井 英 人
医学部岡 田 宏 基
医学部南 野 哲 男
法学部肥 塚 肇 雄
香川大学名誉教授大 賀 睦 夫
研究協力グループ  
グループ員石 井 沙 世

瀬戸内圏研究センター パンフレット

パンフレットPDF
▲ 上に戻る