クレジットカードはサインだけで購入できるため、支払いに対する経済的負担が実感できず、最後には返済不能となるケースが見受けられます。学生の皆さんは、学業に支障をきたすことのないように十分注意してください。
巧妙な手口で物を買わせたり、宝くじや賞金(品)が当たったなどと言ってお金をせしめるケースもあります。うまい話には気をつけて、内容をしっかり見極めて、だまされないようにしてください。万一当事者となった場合は、クーリング?オフの制度を利用するなど、早めに対処してください。
身に覚えのない携帯電話などの有料サイトに関する料金の請求があった場合は、利用していなければ支払う必要はありません。相手に連絡をしたり、お金を支払ったりすると個人情報が漏洩し、被害が拡大する恐れがあります。ただし、「裁判所からの支払督促」や「少額訴訟の呼出状」と思われる場合は、書類の真偽の判断はむずかしいので、放置せず、すぐに消費生活センターに相談することが重要です。
また、請求された内容について不明な点があったり、不安を持った場合には、相手に連絡?料金を支払う前に、まず消費生活センターに相談しましょう。同じ文面の請求書が多くの人に届いているなどの架空請求の情報やアドバイスが得られます。

▼国民生活センター?消費者ホットライン:188
▼香川県消費生活センター:087-833-0999

line.png

このページの管理者:教育?学生支援部 学生生活支援グループ